昔ながらのフィラリア予防薬

昔ながらのフィラリア予防薬へアクセスありがとうございます!ご覧のサイトは初心者が疑問に思えるだろうことを中心に、小さいぶっちゃけも交えてフィラリア予防薬の世界を明確に披露します。 - フィラリア薬はいつまで飲ませるべき?

フィラリア薬はいつまで飲ませるべき?

フィラリア薬というのは大切な愛犬がフィラリア感染を起こしてしまう事を防ぐのにとても大切な薬です。しかししっかりと飲む時期を知らないと、せっかくの薬も無意味になってしまう危険性があります。これからフィラリア薬はいつまで飲むべきなのかご説明していきますので、ご参考になさってみてはいかがでしょうか。

フィラリア薬は蚊がいなくなるまで飲む

フィラリアは蚊が運ぶ病気です。なので蚊が飛ぶ時期にはしっかりとフィラリア薬を飲んで予防をしないといけません。蚊がいない寒い季節にはフィラリア薬を飲む必要はありませんが、一年を通して考えるとかなり長い間フィラリア薬は必要になってくると言えるでしょう。期間的には7ヶ月から8ヶ月程度はフィラリア薬を飲むという事になりますので、そちらもあわせて覚えておくようにしましょう。

具体的に何月くらいまでフィラリア薬は飲むべきか

蚊はどのくらいまで飛んでいるのかというと、寒い地域であれば10月くらいまで、暖かい地域であれば11月くらいまでになります。フィラリア薬というのは蚊が飛び始めた1ヶ月後から、蚊がいなくなった1ヶ月後まで飲むべき薬です。なので11月か12月まではフィラリア薬は飲むべきであると言えるでしょう。ちなみに飲み始めは4月か5月くらいになります。この期間はしっかりとフィラリア薬を飲む事で、愛犬の健康をしっかりと守って行くように心がけましょう。

フィラリア薬はだいたい12月まで飲む

フィラリア薬はフィラリア感染を防ぐため、蚊が飛び始めた1ヶ月後から蚊がいなくなった1ヶ月後まで飲む事が大切です。そして蚊がいなくなるのはだいたい11月頃なので、フィラリア薬自体は12月頃までは飲むという事になります。始まりの時期も終わりの時期もしっかりとカバーしないと、フィラリア薬を飲む意味がなくなってしまうので十分注意なさってください。

新着情報

◆2016/12/21
フィラリア薬はいつまで飲ませるべき?を新規投稿しました。